通常のタバコよりも健康的!?電子タバコのメリット

通常のタバコよりも健康的!?電子タバコのメリット


煙ではなく水蒸気なので副流煙の心配がない

タバコが嫌がられる理由の1つに、副流煙による健康被害があげられます。タバコは吸っている本人よりも、周囲で副流煙を吸う方が健康被害が大きいと言われています。自己責任で吸っている本人ではなく、吸っていない人により大きなリスクがあるのはいただけません。電子タバコは、煙ではなく水蒸気なので、有害な副流煙が発生しないのがメリットです。もちろん、電子タバコも通常のタバコと同じように禁煙の場所で吸うことはできませんが、万が一屋外や喫煙OKの場所で吸っている人がいても、周囲の人の健康を脅かす心配はありません。

含まれる有害物質が少ない

日本で販売されている電子タバコには、通常の煙草に含まれるニコチンやタールは含まれていません。ニコチンやタールはがんの原因であるとされ、健康被害が憂慮される成分です。電子タバコにも何らかの有害物質が含まれている可能性もありますが、その量は通常のタバコよりも少なくなります。その分、健康被害も少なく安全性が高いと言えるでしょう。ただし、外国産の電子タバコには、ニコチンが含まれているものもあります。タールは含まれていないので、有害物質は通常のタバコよりも少なくなります。

色々なフレーバーが楽しめる

通常のタバコはオリジナルのほかにメンソールぐらいしかフレーバーはありませんが、電子タバコには色々なフレーバーがあるのがメリットです。ストロベリーやマンゴーなどフルーティーなフレーバーから、チョコレートやチーズケーキなどのスイーツフレーバー、清涼飲料水やカクテルなどのドリンク系のフレーバーまで様々なものが揃っています。通常のタバコは吸わないけれど、バラエティに富んだフレーバーが楽しめるので電子タバコは嗜むという人もいるぐらいです。気分に合わせてフレーバーを選び、リフレッシュできます。

通常のタバコよりも経済的

電子タバコは吸煙器にリキッドを入れて吸うタイプのタバコなので、最初に吸煙器を購入せねばならず初期費用がかかります。しかし、一度購入してしまえば、後はリキッドを買い足すだけで良いので、長い目で見れば通常のタバコよりも経済的です。通常のタバコは1箱400円ほどが相場で、愛煙家なら1日に1箱以上吸う人もいるでしょう。そうなると、1か月に1万円以上タバコ代としてつぎ込むことになります。電子タバコのリキッドは、15ミリリットルで1000円から1500円が相場です。15ミリリットルで2週間ほど吸えるので、電子タバコに費やすお金は1か月に3000円ほどとなります。通常のタバコから電子タバコに変えるだけで、かなり節約できるでしょう。

VAPEなど流行っていますが、ニコチンリキッドは日本国内では購入できません。法律で禁止されているからです。