電子タバコの中でも人気のjuulを買う時の選び方

電子タバコの中でも人気のjuulを買う時の選び方


ネットショップで買ったほうが早くて安い

米国の若者を中心に人気が高い電子タバコとして知られるjuulは、日本でも紙巻きたばこの喫煙者が切り替え先として注目を寄せています。今までほかの電子タバコを吸っていた人も、juulに切り替えるということは珍しくありません。ニコチンが入っているのが特徴であるため、ニコチン入りのポッド付きのjuulを求める場合は、個人輸入をするしかありません。ただし、ニコチンなしのポッドを求めている場合には、日本国内でもjuul本体とニコチンなしポッドを手に入れられるため、安心してください。

個人輸入でjuulを手に入れる場合、日本語の通じるネットショップは存在するか、気になる人は少なくありません。結論から言うと、販売しているショップの中には日本語で販売しているところが多いため、日本語で購入できます。日本語が通じないショップで購入することもできますが、日本語が通じるショップのほうが安全性が高いため、買う時の参考にしてください。通常のネットショップと同様の買い方ができるため、買う時に特に不満や負担を感じないでしょう。juulのフレーバーは公式が8種類、互換商品が数十種類あるため、毎日カートリッジを取り換えても飽きることはありません。ただし、ニコチンありのものが大半となっているため、ニコチンなしのものを選ぶときには注意が必要です。

ニコチンなしのものを選ぶ場合には

ニコチンなしのものを選ぶ場合、ニコチンなしと書かれているものを選ぶか、空のカートリッジを手に入れて中にニコチンの入っていないフレーバーを注入する方法が一番早いです。日本のネット通販大手でも空のカートリッジは販売されているため、購入するのであれば手軽に手に入れられるでしょう。それ以外でもネット通販ではニコチンなしのカートリッジが販売されているため、juulのスタイリッシュなデザインは好きだけれど、ニコチンに抵抗がある人には手軽に手に入れられます。

ニコチンの入っていないフレーバーをネット通販などで購入し、空のカートリッジを使用する以外だけではなく、ノンニコチンフレーバーを販売しているショップを見つけて買うことが必要です。実はニコチン入りのフレーバーの種類はとても多いですが、ノンニコチンフレーバーの種類は少ないといいます。ネット通販大手でも販売されていますが、種類が少ないと感じる場合にはほかのノンニコチンフレーバーとブレンドして使うといいでしょう。ブレンドすることで自分好みのテイストに仕上げることができます。ノンニコチンでも自分好みのフレーバーを見つけて吸うとストレスを感じずに楽しめるでしょう。

juulは、デザイン性の高さと、タバコの臭いの素となるタールを含まないこと、フレーバーの多さから、米国で知らない人はいないほど大人気の電子タバコです。ニコチンを含むため、日本で手に入れることはできません。