高級時計にメンテナンスは必須!高級時計のメンテナンス方法

高級時計にメンテナンスは必須!高級時計のメンテナンス方法


ケースや風防はセーム革で拭く

ケースや風防には手垢が付着しやすいので、定期的な手入れが必要です。汚れを取るときには水拭きが良いのではないかという考えを持っている人もいるかもしれません。しかし、水拭きはケース内のムーブメントが錆びてしまう危険性が高いです。特に高級時計は繊細なものが多いので、水拭きは避けておくのが良いでしょう。生活防水の機能が搭載されている時計であっても、パッキンの部分が劣化していると悪影響を及ぼす可能性もあるので注意が必要です。

この水による危険性を考えれば、別の手入れ方法を選択するのが良いでしょう。例えばセーム革でケースや風防に付着した汚れを拭くという手入れ方法が効果的だと言えます。セーム革がない場合は、メガネ拭きで代用するのもおすすめです。風防は長期的な使用によって、細かい傷が付着していることが多いでしょう。その細かい傷は歯磨き粉で磨くと綺麗になります。歯磨き粉以外の代用品としておすすめなのが、サンエーパールという研磨剤です。風防に反射防止のコーティングを施している時計は、歯磨き粉やサンエーパールの使用を控えた方が良いでしょう。歯磨き粉もサンエーパールも研磨効果があるため、コーティングを剥がしてしまう可能性があります。コーティングが施されているかが分からない場合は、メーカーに問い合わせて確認しておくと良いでしょう。

ベルトは金属製と革製で手入れが異なる

ベルトは金属製と革製でメンテナンス方法が異なります。金属製のベルトはコマとコマの間に手垢や皮脂が入り込んでしまうケースがあります。手垢や皮脂が入り込んでしまうと、簡単には取ることができません。この入り込んだ汚れは中性洗剤で洗い流すことが可能です。中性洗剤を使って洗い流す場合は、時計からベルトを取り外しておくことが重要になります。時計とベルトを分離していないと、時計を壊してしまう可能性もあるので注意が必要です。超音波洗浄機があれば、楽に汚れを落とすことが可能でしょう。金属製のベルトに深い傷がついた場合は自分では手入れが難しいため、時計店に持っていくのがおすすめです。

革製のベルトは革靴と同じようなメンテナンスが効果的です。例えば表面が乾燥している場合は、デリケートクリームを塗っておくのが有効な手段だと言えます。また毎日使用していると、ベルトは劣化しやすい傾向にあります。そのため毎日同じベルトを使わないようにするのも、効果的なメンテナンス方法です。革製のベルトはカビやすいという特徴があるため、湿度の高い場所よりも湿度の低い場所に保管しておく方が良いでしょう。

高級時計として有名なオーデマピゲは歴史あるスイス製の時計です。シックなデザインも多く、有名時計ブランドでもトップクラスの人気です。