内祝いにカタログギフト!?メリットやデメリット

内祝いにカタログギフト!?メリットやデメリット


内祝いに何を送りますか?

結婚や出産、開店などの場面で内祝いという言葉が出てきます。内祝いとは、身内でのおめでたいことを日頃お世話になっている人や親族にお裾分けする、という意味で用いられます。内祝いとして何かを贈るときには、どんなものを選んだらよいでしょうか?一例としては、調味料やタオルなど日常的に気軽に使いやすい物が好まれます。また、名目や相手によっても変わってきます。そんな内祝いに、カタログギフトを利用するという方法もあります。

カタログギフトのメリット

内祝いで品物を固定せずにカタログギフトを利用するメリットとしては、品物を選ばなくてもいいということがまず挙げられます。内祝いが必要になる状況では、何かと忙しくしていることが多いでしょう。そんな状況でも、カタログギフトなら予算とどのカタログギフトにするか決めるだけなので、何を贈れば相手がよい気持ちになるのか悩む必要がなくなります。また、もらう側も自分達で選ぶことが出来るため、より生活で役立つものを受け取ることが出来ます。

カタログギフトのデメリット

贈る側ももらう側にも便利なカタログギフトですが、デメリットもあります。それは、品物を固定するときに比べて価格が下がってしまう可能性があることです。理由としては、カタログギフトは選んだ商品が後日自宅に届く仕組みなので、システム利用料や送料がかかってしまいその分価格が下がってしまうためです。また商品を選べるものの、決めた商品を申し込むという手間がもらう側に必要になります。

内祝いで相手にお裾分け

内祝いにカタログギフトを利用する際のメリットやデメリットについて紹介しました。内祝いで、うれしい気持ちを相手にお裾分けできるといいですね。

内祝いには本来、内輪の喜び事を近しい方に知っていただき、一緒に祝うという意味があります。また種類は、結婚・出産・初節句・新築・快気の5種類です。